FC2ブログ

サイト体験

サイトでの体験を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奈苗と高校以来の再会5

二人とも汗でビッショリなのでお風呂に入る事にした。
「汗かいたし一緒にお風呂入ろう。」
と言うと
「恥ずかしいけどいいよ。」と奈苗はオッケーしてくれた。
奈苗はスーツ、スカート、ブラウスを脱ぎブラジャーを外す。
俺は素晴らしい裸体に見とれてしまった。
二人でバスルームに行く。奈苗は髪が濡れないように髪を頭に束ねた。
首やうなじが見えて色っぽい。
俺は奈苗の体を洗ってやる。
首から洗い。腕、背中、お腹と洗った。
次に手の平に石鹸をたっぷり付けて後ろから抱き付く形で両手を胸にやる。
優しく揉むように胸を洗う。
指先で軽く乳首を摘むと
「あっ…」
と声をだし頭を後ろに倒す。
俺は顔を横に向かせキスをする。
奈苗は自ら舌を絡めてくる。
左手で胸を揉みながら右手を奈苗のマンコにやる。
表面をなぞるように洗い次に指をマンコに入れ洗ってやる。
奈苗は何度も足をカクンとする。
快感で立っているのが辛くなってきたようだ。
俺は奈苗をスケベ椅子に座らせる。
正面に回り再びキスをする。
マンコを洗いアナルも洗う。
人差し指を入れようとすると石鹸が付いているのでヌルっと入った。
第二間接ぐらいまで入れるとさすがに
「痛い!奥まで入れないで。」
と言ってきた。
しかたなく少し抜きまた第二間接まで入れる動きを繰り返した。
次回はここに俺のモノをぶち込んでやる。と思いながらしばらく優しくアナル責めを繰り返した。
アナル責めを終え足も洗い終わると
「今度は私が洗ってあげる。」
と奈苗が俺の体を洗ってくれた。
スポンジで背中、腕、胸、お腹と洗ってくれてアレは手で洗ってくれた。
すでに立っているアレを握ると
「さっき出したのにもう元気なんだね。」
と驚いていた。
体の不自由な旦那をいつも洗っているのか慣れた手つきで全身を洗い終える。
シャワーで泡を流し一緒に浴槽に入る。
奈苗を前に座らせ俺が後ろから抱く体勢で座る。
胸を揉み顔を引き寄せキスをする。
奈苗はウットリとして俺に寄り掛かる。
マンコに手をやるとヌルっとしているのがお湯の中でもわかる。
キスをしながら胸とマンコをしばらく責める。
奈苗は気持ちよさそうにしている。
「ベッドに行く?」
と聞くと
奈苗は「うん」
と頷く。
体を拭き二人でベッドに入る。
さっきもヤッたのに隣にバスタオル一枚の奈苗がいると思うとドキドキする。
仰向けに寝ている奈苗に覆いかぶさりキスをする。
奈苗の方からも積極的に舌を絡めてくる。
もだいぶ慣れてきてエッチを楽しもうとしてるようだ。
俺はキスをした後、耳たぶ、首筋と舐めていく。
「あっ…ふぅん…」
奈苗は気持ち良さそうに声を出す。
俺は下に移動し胸を舐める。
形が良く触り心地も良い。
乳首は小さめでピンク色だ。
「あっ…あん…」
奈苗の反応を見ながら俺はさらに下に移動しお腹、ヘソ、脇腹と舐め。
腕、手、指と舐め奈苗の体を味わう。
次に下半身へと移動しマンコの周辺を舐める。
奈苗は足を開き少し腰を浮かしマンコを舐めて欲しそうにするがまだ舐めない。
太ももから膝、ふくらはぎ、足の指と舐めていく。
両足を舐め終え再びマンコ周辺を舐める。
「マンコ舐めて欲しい?」
と聞くと
「焦らさないで早く舐めて…」
と切なそうに言う。
それでも俺はまだ舐めないで奈苗を俯せにする。
再び首筋、背中、お尻、足と順番に順番に舐めて行く。
「マンコ舐めて欲しいなら両手でお尻広げて。」
と言うと素直に両手でお尻の広げる。
アナルが丸見えになる。
「そのままでいてね。」
と言い俺はアナルを舐める。
「そこじゃないよぉ…」
と言うが嫌がらない。
俺は指でマンコに触れる。ベッドに来てからマンコには初めて触れるのにグチョグチョに濡れていた。
「お尻をもっとおもいっきり開いたらマンコをもっと責めてあげるよ。」
と言うと両手でグイっと強くお尻を開く。
俺はマンコに指を二本入れてやる。
グチョグチョに濡れているのでスムーズに入る。
指を出し入れしながら俺は奈苗の手によって開かれたアナルを舐める。
最初はアナルを舐められる事を拒否していた奈苗が今では自らお尻を開きアナルを舐められている。
俺は奈苗に四つん這いになるように言いその体勢でも両手でお尻を開かせた。
俺は奈苗のお尻に顔を埋めてアナルを舐める。
奈苗はもうなんの抵抗もしない。
俺はフェラをさせたくなり奈苗の顔の前にアレ持って行くと奈苗はすぐにくわえる。
少しフェラさせた後69の体勢になる。
俺はマンコに指を入れながらクリトリスを舐めてやる。
奈苗は快感で時々フェラが止まるが頑張ってフェラを続ける。
俺は奈苗のマンコに入れたくなり奈苗を下ろし足の間に体を入れる。
マンコにアレをあてがい一気に貫く。
「あぁぁ…」
と奈苗は声をあげる。
俺は正常位でしばらく腰を振る。
その後、体を抱きかかえ座位の体勢に移る。

奈苗と再会したサイトです。





ハッピーメールバナー

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
  1. 2014/07/29(火) 23:58:24|
  2. 妄想小説 奈苗編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奈苗と高校以来の再会6 | ホーム | ワクワクメール みたんちゃん  会って来ました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bon3324.blog74.fc2.com/tb.php/8-a12a9f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。