FC2ブログ

サイト体験

サイトでの体験を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奈苗と高校以来の再会3

俺が指示すると奈苗は何も言わず言われたとおりのポーズをとった。
ソファーの背もたれに手をつきお尻を突き出した格好だ。
スーツのスカートがピシッとしていて下着のラインが見える。
俺はスカートの上からお尻を撫で回す。
奈苗は黙ってされるがままだ。
少し息使いが荒い感じがする。
俺はじはらくお尻を撫で回した後一気にスカートを捲り上げた。
「嫌。恥ずかしい。」
奈苗は小さく声を出すが抵抗する様子は無い。
ストッキング越しにピンクの下着が現れた。
俺はストッキングの上から両手で奈苗のお尻を揉んだ。
だんだん奈苗の息使いが荒くなっていく。
次に俺はストッキングをゆっくり太ももまで下ろす。ピンクの下着に包まれた奈苗のお尻はとてもいい形をしていた。
俺は下着のふちをなぞってお尻を舐めた。
奈苗はピクッと反応する。俺はそのままお尻の肉を味わう。
舐めるたびに奈苗はピクピクっと反応する。
次に俺は指で下着の上から奈苗のアソコに触れる。
奈苗は少し背中を反らす。
奈苗のアソコ少し湿っている。
指で奈苗のアソコを摩った後、俺は下着の上からアソコを舐めた。
どんどん奈苗の息が荒くなる。
俺は我慢出来なくなり奈苗の下着に手を伸ばしゆっくり下ろす。
形のいいお尻があわらになっていく。
ゆっくり下ろしていくとアナルが見えてきた。
綺麗なアナルだ。
完全に未使用で舐められた事も無いだろう。
俺はアナルに軽く触れた。「嫌!」
奈苗は体を動かし初めて少しだけ抵抗した。
俺はお尻を押さえアナルをなぞる。
「駄目!」
とお尻を動かす。
俺はアナルを舐めたくなり動くお尻を押さえて顔を近づけ舌を伸ばす。
「それは駄目!」
と奈苗はソファーに付いた手を離し体を起こしてしまった。
「そこは汚いから駄目だよ!」と少し怒って言う。
俺は奈苗のアナルは次回にたっぷり楽しめばいいかと思い。
「ごめんね。もうアナルには何もしないからさっきの体勢戻って。」
と言うとゆっくりとさっきの体勢に戻る。
改めて見ると凄いポーズだ。
お尻を突き出しスカートをめくられストッキングは太ももまで下ろされ下着もアナルが見える位置まで下ろされている。
俺はその姿も写真に撮る。
フラッシュが光ると奈苗はビクッとして
「こんな姿撮らないで。」
と困ったように言った。
「色んな姿をたくさん撮るよ。恥ずかしがって可愛いね。」と言うと
「絶対人に見せたら駄目だからね。」と念を押された。
俺は下着に手をかけさらに下ろす。
薄く毛の生えたマンコが見えた。
十年以上使用していないマンコだ。
閉じているマンコを指で開いた。
ピンク色で小さくきつそうだ。
クリトリスに触れると奈苗はピクンてする。
俺は舐めやすくなるように背中を反らし足を開くようにいう。
奈苗は言う事を聞いてくれた。
俺は顔を押し付けまんこを舐めた。
少しだけしょっぱいが臭くはない。
舌差し込み出し入れすると奈苗もその動きに合わせお尻を動かす。
しばらくなめ回してから指を一本入れる。
濡れているのですんなり入る。
指を二本に増やしピストンすると奈苗の足が震えた。
感じて体に力が入らなくなってきたのだろう。
クリトリスを舐めながらピストンのスピードを上げていく。
奈苗のマンコはグチョグチョといやらしい音をたて愛液が溢れてきた。
奈苗は何度もカクンと足を曲げ倒れそうになるが耐えている。
俺はさらにピストンを速めた。
すると奈苗は体をビクビクっと震わせ座り込んでしまった。
どうやらイッたようだ。
奈苗は上半身をソファーに伏せ肩で息をしている。
あの奈苗が俺の指でイッた。
しかしまだ責めは辞めない。
奈苗を抱き起こしベッドに寝かせる。
俺は奈苗のストッキングと下着を完全に脱がし足をM字に開き何枚か写真を撮った後また奈苗のマンコにしゃぶりついた。
「あっ…あぁぁ…」
と奈苗は声を出した。
さっきまでは声を押し殺してる様だったが一度イッて吹っ切れたようだ。
俺は奈苗の足をこれ以上開かないぐらいおもいっきり開き激しく舐めたりクリトリスに吸い付いたりした。「あぁぁ…いぃ…気持ちいい…」
と奈苗は感じまくっていた。
奈苗が声を出し感じてる様子はしっかりビデオで撮影されている。
俺はビデオカメラを奈苗の頭の方から見下ろして撮影する位置に固定する。
俺は奈苗の両足を高く持ち上げ前方に持って行く。
奈苗はまんぐり返しの状態になった。
奈苗はカメラを見て
「嫌ぁ…こんな姿撮影しないで…」
と言うが抵抗はしない。
スーツも髪も乱れている。
俺は再び奈苗のマンコにしゃぶりつく。
「あぁぁ…気持ちいいぃ…」俺はたっぷりと奈苗のマンコを味わった後、指を入れピストンを始めた。
「駄目ぇ…またイッちゃうよぉ…」
俺は今の状態ならとアナルに舌を伸ばす。
「駄目だってばぁ…汚いよぉ…」
と言うが今度は抵抗しなかった。

続く

小説なので妄想もありますが実際に奈苗に会ったサイトです。

  1. 2014/07/18(金) 22:44:26|
  2. 妄想小説 奈苗編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奈苗と高校以来の再会4 | ホーム | 奈苗と高校以来の再会2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bon3324.blog74.fc2.com/tb.php/4-e7b3eacb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。