FC2ブログ

サイト体験

サイトでの体験を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奈苗と高校以来の再会

俺は中学、高校とずっと憧れてる子がいた。
名前は奈苗、美人だが性格は高飛車な感じだった。
俺は高校時代太っていて性格も暗くクラスの女子に嫌われていて奈苗に相手にされるわけも無く逆に気持ち悪いと嫌われていた。
まともに話すことも出来ず俺は何百回も奈苗の事を考えながらオナニーし妄想で何度も犯した。
その妄想が高校を卒業して15年たった今現実となった。
再会のきっかけは出会い系サイトだった。
俺が困ってる子相談に乗るよ。と書き込みして返信してきたのが奈苗だった。
最初は奈苗としらずにメールでやり取りしていた。
なぜ困ってるか聞くと結婚はしているが旦那は結婚してすぐに事故にあい下半身麻痺になりリハビリ中らしい。
今までは奈苗が働きなんとか生活出来たが不況の影響でリストラにあい生活出来ない状態でしかたなく出会い系サイトを利用したそうだ。
俺は助けてもいいけどタイプとかあるからと写メを要求した。
そして送られてきた写メを見て驚いた。
奈苗だ!高校時代も美人だったがさらに美人な大人の女になった奈苗だった。
俺はこのチャンスを絶対に逃さないように高条件で会う約束をした。
この時俺には願望があった憧れの奈苗を奴隷にしたい、その為になんとか奈苗とのエッチを撮影しようと考えた。
奈苗と待ち合わせの日が来た。
俺は高校時代と比べて痩せて髪型も変わってみんなに変わったね。と言われるから奈苗は昔気持ち悪がってた同級生とは気づかないだろうと思いながらも内心ドキドキしていた。
気づかれてしまうと計画はすべてうまくいかないしエッチさえ出来ないからである。
待ち合わせ場所に行くと奈苗はすでに待っていた。
昔と変わらない綺麗な顔にドキっとしてしまった。
近くに車を停めメールをすると車に気づき近づいてきた。
目が合い軽くおじぎをすると助手席に乗ってきた。
「こんにちわ。○○さんですか?」と教えておいた偽名を言われ
「そうだよ。○○さんだよね?」と答えた。
「優しそうな人で良かったです。私こうゆう事初めてで不安でドキドキでした。」
こっちもバレ無いかドキドキだよと思いながら気づいてないようなので安心した。
ホテルに向かいながら俺は撮影させてもらえないか交渉した。
最初は絶対駄目と言っていたが誰にも見せないからと何度もお願いすると、
「じゃあ約束より多くくれますか?」と言ってきたので俺は即オッケーした。
いつも援交する時は安くいラブホを利用するのだがせっかく奈苗とエッチ出来るのだからと思い新しくて評判のいいラブホに向かった。
車を停めラブホの入口に向かう。
奈苗は「ずいぶん立派な建物だね。こんなラブホあったんだ。」と感動していた。
部屋を選ぶ間もずっとはしゃいだ様子で俺は少し高めの部屋を選んだ。
部屋に入っても「凄い。」とか「広いね。」とか言い部屋を見たりバスルームを見に行ったりしてはしゃしでいた。
俺はこのホテルにして良かったと思いながら
「あまりラブホ行かないの?」
と聞くと
「結婚前に一度行っただけだから10年以上行ってないよ。」
「旦那とは行かないの?」
「旦那は結婚してすぐ事故で車椅子になっちゃったから。」
と少し暗い顔で言う。
「ごめん。嫌な事聞いて。」と謝ると
「いいよ。もう慣れてるから。」と笑って言った。
「エッチはしばらくしてないの?」と聞くと
「旦那の事故以来初めてだよ。だから10年以上ぶりかな。久しぶりで痛いかもしれないから優しくしてね。」と照れた感じで言った。
「浮気とかはしなかったんだ。欲求不満とかにならなかったの?」
「仕事とか旦那の世話でそれどころじゃなかったから。でも仕事辞めてから少しそんな事考えちゃったかも。」
俺は高校卒業後どんな生活をしていたのか気になり色々聞いたが奈苗は嫌がらず答えてくれた。
「結婚前はけっこう遊んでたのかな?」と聞くと
「全然だよ。旦那は高校で付き合ってそのまま結婚したから。」
俺は高校時代に付き合ってた奴を知っていてあいつが奈苗の処女を奪ったのかと悔しかった。
「じゃあ今までエッチしたの一人だけって事?」と聞くと
「そうだよ。それに旦那とも数えれるくらいしかしてないし。」
俺は奈苗の二人目の相手と知り少し嬉しかったが旦那が憎く事故にあってざまみろと思いこれからは旦那の代わりに奈苗の体をたっぷり味わってやると考えていた。
「これから色々相談に乗ったり助けてあげたりするたら他の人と会ったりしないでね。」と言うと
「ホントですか?私も色んな人と会うの恐いし他の人に会わないです。○○さんみたいな優しい人に会えて良かった。」
と嬉しそうに笑った。
高校時代とは違い俺に笑顔で話す奈苗を見てやっぱり可愛いなと思った。
昔の俺なら笑顔に騙され本気で好きになり助けていただろう。
しかし俺にはわかっていた女は金の為に嘘の笑顔を作る事を。
俺は本当の奈苗をヤリたいと考えていた。

続く

小説なので妄想もありますが実際に奈苗に会ったサイトです。



  1. 2014/07/18(金) 17:43:27|
  2. 妄想小説 奈苗編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奈苗と高校以来の再会2 | ホーム | 出会い系サイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bon3324.blog74.fc2.com/tb.php/2-91a574db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。